きむともDiary

子育て。筋トレ。週末飲酒。

※当ブログはプロモーションを含みます。

葬送のフリーレンを観てると音楽がやりたくなる

こんにちは。

 

最近になってようやく「葬送のフリーレン」を観てるんです。だいたい私はアニメは流行りからワンテンポ遅れて観る派。なぜなら一気に観たいから。最新話を毎週追いかけるんじゃなくて、ある程度放送されてからプライムビデオでまとめて観る。毎週追いかけてると続きが気になって気になって1週間気が気でなくなっちゃうので。だからネタバレにならないようにフリーレン関連を必死に避ける。ネット社会でこれだけ人気のコンテンツを避けて生きるのマジで難しい。

 

面白いね、フリーレン。今は有名な「アウラ自害しろ」のところまで観ました。これもアウラが初登場してからこのシーンの話まで一気に観たもんだから盛大に夜更かしした。翌日が休みの日に観てよかった。もはや病的なまでに続きがきになっちゃう。それだけ面白いということね。

 

昔(一応今も)クラシック系の音楽、楽器をやっていて、当時は全日本で1位になるくらいには本気でやってたので、私の人生を語るには外せないのが音楽。妻との出会いも音楽がきっかけだったりする。

話を戻しまして、フリーレンを観てると無性に音楽がやりたくなっちゃう。異国情緒あふれる穏やかな自然の風景。フリーレンや勇者ヒンメルの落ち着いた声と話し方。戦闘シーンでの盛り上がりと緊迫感。いろんな要素になんとなく音楽的なものを感じて、あの頃の気持ちと、歳を重ねた自分がどんな音を表現するのかとかを考えてる。